Profile:プロフィール

日本の美しさ 命と平和の尊さを歌う
ソプラノ歌手

Maki Shimogaki
©FUKAYA yoshinobu/auraY2
ドイツの冷戦時代からベルリンの壁崩壊の激動期、国際ラジオ局でDJとして活躍

アジア代表として、ドイツ・ハノーバー万博の閉幕式で独唱

日本人歌手では初めて、マレーシア政府公認機関「AEEF」より文化貢献賞を受賞

平和と命の尊さを伝えるコンサートを開催し、日本の歌の魅力を国内だけでなくアジアやヨーロッパでも紹介

●愛知県立芸術大学卒業後、国際ロータリー財団奨学生として、ケルン国立音楽大学に入学。
ドイツ国家声楽教授資格を取得し、同大学卒業。
ドイツの冷戦時代からベルリンの壁崩壊の激動期、5年半にわたり国際ラジオ局「Deutsche Welle」でDJとして活躍し、帰国。

●国内や海外のオーケストラと共演。
全国で20回以上にわたり再演された一人オペラ『女はすてき』や、ひとり歌芝居 『メモリアル・ソング』、トークを交えた『楽シックコンサート』は、クラシック入門編として人気が高い。

●2000年:ドイツ・ハノーバー万博閉幕式で、アジア代表として独唱。
同年の「ドイツにおける日本年」、2004年の「ドイツの日本デー」にて独唱し、「カリスマ的」「非凡な声の芸術」と、ドイツの新聞で絶賛される。
2005年の愛・地球博でも、ソロコンサートを開催。

●先人たちの美しい感性を伝えるため、日本の唱歌を中心にした『トークコンサート』や、ミニコンサート付きの『講演会』を全国で開催。
国内だけでなくヨーロッパやアジアでも日本の歌の魅力を伝えている。

●叔父を長崎の原爆で亡くしたことや、東西に分断されたドイツ留学時代の体験から、命と平和の尊さを伝えるコンサートを継続している。
中でも『全国平和首長会議(2018年)』の平和のコンサートや、長崎市平和会館で開催された「長崎の鐘」の原作者:永井隆博士の『生誕100年記念式典(2008年)』では、博士の平和への祈りを歌と語りでつづったオリジナル作品「わが心の歌 長崎の鐘」を公演。大きな感動と反響を呼ぶ。

●2008年:「愛知県芸術文化選奨文化賞」を受賞。
その他、1998年:「第20回都市文化奨励賞」、2001年:「第16回大衆文化賞」を受賞。

●平和への祈りを込めたCD「平和を」や、自ら書き下ろした歌語り「わが心の歌 長崎の鐘」を収録したCD「命の賛歌」、日本の唱歌を中心にしたCD「じゃぽねすく」、世界の名曲を集めたCD「メモリアル・ソング」など、作詞・作曲したオリジナルの曲を収録したCD「絆」など、7枚のCDをリリース。

●「高校生のための未来塾」や「愛知県の達人」として、小・中学校、高校の生徒たちに、命の尊さと生きることのすばらしさを伝える授業を継続。医学部の特別講義も行っている。
また、企業の研修や総会・市民大学講座などで、文化・教育やしつけ・環境や町づくり・生き方など歌を交え講演し、絶妙の語り口と温かい歌声で絶賛されている。

●名城大学でドイツ語と同大学院で文化論の教鞭をとるほか、コンサートのプロデュース、著名人とのフォーラムや対談、新聞・雑誌への執筆など、その活動は多岐にわたる。
◎公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団評議員
◎公益財団法人梅ヶ枝中央きずな基金理事
◎国や行政などの委員を多数歴任
◎島根県ふるさと観光大使「遣島使」
◎下呂温泉ふるさと観光大使
◎CBCクラブ会員